2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

最近のコメント

フォト
無料ブログはココログ

2008年1月 6日 (日)

紫波町指定文化財 武田家住宅

 昨日午前はいつもお世話になっている 茅葺会社 スズキ産業 鈴木嘉悦郎社長 へ新年の挨拶がてら、お願いに行く。
 釣石神社で参詣者の皆さんにお持ち頂いている ヨシの穂 が足りなくなりそうなので、その補充である。
 自宅玄関には、一昨年買い求めて頂いた 家内ヨシ門松(大) が、今年は社長さん自身のデスプレイで飾られているので、記念撮影をする。
007 008
多少胴の部分が緩んできているというので、今年は新しくしたらどうですかというと、もう一年だけ使って、次は少し大きくしたいという。事業の発展と共に少しづつ大きくするというのはいいですね。
 この門松を回収して保管し、新年には新に飾り付けをして設置するというサービスもしております。ヨシ門松(大1.1M)は一対二万円ですが、飾り直しは一対、一万円で引き受けています。
 事務所に入ると、素晴らしい茅葺き民家のカレンダーがある。欲しいとオネダリをしてみると、先客の方がご本人の分を分けてくれる。ありがとう御座います。
 岩手県紫波町指定文化財 『武田家住宅』
001 002 003
「武田家住宅を守る会」 が季節ごとにカレンダーを配布しているようです。
会報によれば、1月26日(土)~27日(日)にはライトアップや見学会が催されるそうで、鈴木社長も行く予定との事。私も同行させて頂きたいが、地元での行事があるので、残念ながら参加出来ない。
 葺き替えには 茅葺会社 スズキ産業 が協力をしているそうです。
 葺き替えの様子は下記のブログから。

http://blogs.yahoo.co.jp/wwjbb816/25967136.html

岩手で茅葺きを促進する委員会 
http://www.bl-net.com/kayabuki/

こちらの会の戸田副代表とは、昨年の暮れに スズキ産業の事務所でお会いしている。外国製のヨシ刈り取り機械の試運転のために、来町していたもの。
 この日は丁度、地元吉浜小学校での ミニ門松つくりの体験会とかち合って、試運転の様子を取材することは出来なかった。
 後で聞いた話では、硬い地盤では能率が良いが、軟弱な地盤では車輪がスリップして思わしくないというので、車輪に工夫をしているとのことであった。

 スズキ産業では、全国の茅葺き工事の他に、ヨシで作ったマメコバチ用の巣材も販売している。
005 006
 これは、果樹園などでの需要が多いようです。

 スズキ産業HP
http://www.suzuki-sangyo.jp/index.html

 

2007年8月13日 (月)

茅葺き促進委員会

 先月、岩手県奥州市水沢の 正法寺 の記事のなかで、岩手放送(IBC)が正法寺の特集を放送するということを書いた。その放送の録画を何方かにお願いして欲しいと 葺会社 スズキ産業 の鈴木嘉悦郎社長にお願いしていた。そのDVDが今日、私の手に入った。放送後、間もなく鈴木さん宛てに送られて来ていたのだが、私の都合で、岩手の先生方にもお礼が遅れてしまいました。

 放送を録画するのみならず、茅葺き関係の映像を一枚のDVDに纏めてある。本当にありがとうございます。
001_8
 内容は4本である。
 ① 甦る日本一の茅葺き屋根 正法寺
 ② おはよう日本 から 茅葺き職人の紹介
 ③ 京都茅葺きの里
 ④ ふるさとのヨシ原を未来に生かす

 正法寺関連記事 7/23
   HP  http://www7.ocn.ne.jp/~shoboji/

 このDVDを制作送って頂いたのは、岩手のNPO法人の事務局の瀬川さんである。
 略称 茅葺き促進委員会
    NPO法人 岩手で茅葺き技術の伝承を促進する委員会
           代表 吉岡裕先生 
    HP http://www.bl-net.com/kayabuki/

       事務局 盛岡市東松園3-20-8
                    瀬川君雄先生

 ホームページを見て頂ければ分るが、この委員会の活動には、葺会社 スズキ産業 も色々な形で協力をしている。里山を利用しての 茅場の造成 などにも協力しているようである。

 スズキ産業さんには、公私にわたってお世話になりっ放しで、本当に感謝の言葉も無いほどである。お孫さんのために ラ・シェール・アンジュの「蔵王プリン」 をお届けする。

 ラ・シェール・アンジュ
  石巻市南中里2-4-2
     TEL 0225-94-0904
Photo
関連記事 1/25

2007年3月 5日 (月)

茅葺会社 スズキ産業

 今日は薄曇りから、時折小雨が降る肌寒い一日であった。システム・アローズに行く予定でメールのやり取りをしていたところ、スズキ産業社長の鈴木嘉悦郎さんから、電話があり、チョットの積もりで寄ったが、結局一時間ほどになってしまった。このブログに載せる写真をお願いしたところ、快く貸して頂いたので、UPして見ます。
  _005_7 _006_9          _007_7          _008_4                             _009_5 

一枚目は光州ケーブルTVの取材を受ける、佐藤健児元北上町長。二枚目は自宅で取材を受けるスズキ産業社長。四枚目はスズキ産業で茅葺施工をした、宮城県大崎市岩出山「旧有備館」(国の史跡名勝)。

 ここから秋田県の由利本荘市矢島町、金嶺山龍源寺まで案内したが、その施工現場写真は後日紹介します。次は私の好きな地元の茅葺民家です。ちょうど春と秋の写真が見つかりましたので、UPして見ます。
 Photo_7           Photo_8         _001_21          _002_21          _003_16               

三枚目は今日昼に立ち寄った樺太屋さんと、噂のチャーシュー麺。場所は45号線天王橋の少し手前です。高架は三陸道河北インターに向かう天王橋。信号を左折して500mくらいかな?ラーメンで検索をかければでるかも。仙台からきて、携帯で写真を撮る人もいるという、知る人ぞ知るラーメン屋さんである。店名の由来はやはり樺太からの引揚者ということ。先代はユジノサハリンスク(旧豊原)に住んでいたらしい。私も生まれはユジノサハリンスク近くの港町コルサコフ(大泊)である。私が二歳の時に故里に引き揚げてきたのであるが、今でも、よく置いてこられなっかたものだと思う。今頃はゴロノビッチ・サトコフスキーなどと名乗って、親探しをしていたかも知れない。(私の旧姓は佐藤)
 数年前のことであるが、エストニアからの留学生ヤルグ・レハル君を案内したときに、この話をしたら、非常に面白がって根堀り葉堀り訊かれたが、いつか気が向いたら紹介してみる。   

茅葺会社 スズキ産業 取材

 この土日は、日本テレビによる第2回目の、ヨシ原撮影があった。私は所要があって協力できなかったが、スズキ産業社長の鈴木嘉悦郎さんが対応してくれた。
 これから、伺って様子を聞くことになる。
 取材といえば、数年前に韓国 光州市のケーブルテレビから取材があって、社長と共に私も取材案内に立ち会った。その時の画像が出てきたので紹介してみる。
Fh000025 Fh000032          Fh000034          Fh000040          Fh000033           

韓国では茅葺屋根はまったく見られなくなったという話で、ヨシ原も手入れはされていないという事であった。後で送られてきた、ビデオによれば、プラスチックの代わりにヨシの繊維を使った食器が紹介されていた。 
 ヨシ原の取材を終えた後は、茅葺屋根を見たいというので、スズキ産業で施工した宮城県岩出山の「有備館」を案内し、その後、秋田県の仁賀保で工事中のお寺を案内する。
 それらの詳しい様子は後で紹介してみたい。

2007年2月21日 (水)

スズキ産業(茅葺会社)

 昨日、スズキ産業の社長から電話が入って、久ぶりに事務所に立ち寄る。現在、北上町で進められている、圃場整備事業について、話を聞きたいという。ほぼ6割方の整備が終わって、そろそろ仮換地の時期である。その仮換地では、昔からの湿田として知られている地域が、彼の割り当てになっているらしい。それで、誰がそんな換地を決定するのかという問いである。これはすべて換地委員の仕事であり、権限である。私もその換地委員の一人であるが、非常に難しい作業である。発表と同時に非難の嵐が吹き荒れる覚悟でなければ勤まらない。それは止むを得ないのだが、困るのは誰もが嫌がる箇所は、結局換地委員自らが引き受けざるを得ないということ。私も家に帰れば家族から非難の嵐である。
 事前にすべての土地の評価は決定されているので、その差については金銭で増減せざるを得ない。彼はすべての農地を甥っ子に任せているのだが、その甥子さんも、換地委員であるから、結局文句は言えない立場である。かくして委員は泣く泣く条件の悪い区画に追いやられるのである。(閑話休題)

 スズキ社長からは、ヨシ飾りの土台の見本を求められる。お客さんで欲しいという希望があるというので、二基届ける。その席で、北上のヨシ原が各所で評判になっているらしい。私の「ヨシ原日記」も多少の貢献をしているのではないかと思っている。なにしろ、「東北うまいもの」と検索をかけると私の「ヨシ原日記」が出てくるという具合である。 それは、私の記事に 蔵王プリン が登場するからであろう。
 スズキ産業では、ヨシを使った 豆コバチ の巣も製作販売をしており、私の方でもヨシを素材とした民芸品的なものの注文製作も行う予定なので、色々協力しあっている。 
 話の中で、ヨシサミットを開いてはどうかという提案もあった。我が家に毎年調査に見える北大大学院の宮内泰介助教授(これまで教授と記してきたが実は助教授。私の誤解)の話では、滋賀県の嘉田知事とは親しい仲間だというので、仲介をお願いすれば実現も夢ではないかも知れない。そうなれば、我が村井宮城県知事にもお出ましを願わなければなるまい。知事には北上のヨシ原は宮城県にとっても、大切な宝だというメールを頂いているのだから。
 また、スズキ産業は岩手の「茅葺促進委員会」の方たちとも、交流が深いので、ヨシサミットの開催も不可能ではあるまい。一年位の準備で何とかならないであろうか?
 また、スズキ産業のHPに私のブログ「ヨシ原日記」へのリンクを張って頂く。私の「北上ヨシの会」のHP作製は、私の都合で二月一杯かかることになった。システム・アローズの伊藤さん、高橋さん、大変迷惑をかけますが、よろしくです。