2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

最近のコメント

フォト
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年4月25日 (月)

深明山長観寺 津波被害者合同葬儀

 今日25日は 深明山長観寺 において東北大震災津波被害者の合同葬儀が執り行われた。
 月浜地区は午前9時から、吉浜・追波地区は午前11時からということで、我が家の母と妻も合同葬儀に列した。今回は火葬済みの方のみが対象で、仮埋葬の方は後日ということになった。
 追波地区は7名、吉浜地区4名の11名であった。幼い二人の子供の遺影もあって、哀れも極まったという思いであった。
 他の皆さんは親戚の姿などもあったが、我が家では本当の内輪だけの葬儀となった。郡山に住む義弟とその息子、東和町に住む義妹とその娘、私の娘と息子夫婦である。
 母は仙台の清月記に火葬をお願いして、葛岡霊園において荼毘に付したのであったが、その時は大勢の見送りを受けたのであるが、今回は本当の内輪の葬儀となった。
 法名については、お寺さんからのご奉仕ということで、塔婆代と位牌代として一人当たり1500円だけの実費となった。近所の方からはお悔みの申し出もあったが、今回はお互いということで、お悔みは謝絶させて頂いた。お気持ちだけ有難く頂戴致します。
 私としては、一周忌をキチンと執り行うからという事で、遠方の親戚の皆さんには了解をして頂いている。

長観寺住職様から頂いた母と家内の法名
Cimg0160

 この追波地区の共同墓地も地震で相当の被害があって、納骨出来ない方もあり、それはお寺さんで保管して頂ける。幸い、我が家の墓地は本震では殆ど被害なかったのに、7日深夜の余震では片側の灯篭が転倒してしまった。


 午後は石巻市役所人事課の担当者から、各種の事務手続きの説明があった。担当者の方も渡波で自宅を失ったという事であったが、自宅を省みる時間もないのではないかと思いやられる。本当にご苦労様です。
 順番を待つ間に仮設住宅の工事状況を見る。
建設場所はにっこりサンパークのグラウンドである。遠くに見えるのは北上中学校の校舎で、外壁の画はイヌワシを表している。(嘗ての北上町の町鳥)
Cimg0170

Cimg0168

 今日、仮設住宅の入居申し込みをする予定であるが、果たして入居が叶うのか。

2011年4月23日 (土)

北上総合支所 被災状況

 津波の被災状況が次第に明らかになっていく中で、4月初め、娘から母の働いていた職場の様子を見て、冥福をお祈りしたいという話があったので、仙台の娘宅から避難所の追分温泉に戻る前に、北上総合支所まで行ってみる。
 変わり果てた我が家の様子を眺めながら。後ろの山の上の建物は元の我が家の畜舎で、当分はここを改装して仮住まいとなる。
Cimg0008
 津波に漂流しながら、必死で泳ぎ着いた国道398号釣石神社前のガードレール、ここに突き刺さっている木材は当初、道路側に出ていて、私はこの木材とガードレールにしがみ付いて津波の第二波を凌いだ。
Cimg0009

釣石神社に向かう釣石橋も落橋している。
Cimg0011

旧北上町時代に桜のオーナーを募って開設された桜公園も記念碑を残すのみに。
Cimg0013

北上総合支所
Cimg0016


Cimg0017


Cimg0018


吉浜小学校は3階まで津波が押し寄せたらしい。
Cimg0019
体育館
Cimg0029

支所の内部
Cimg0020

家内の勤務していた市民課の様子。娘はしばらく現場を離れることが出来なかった。
Cimg0024

支所から月浜の上流方向吉浜方面を望む
Cimg0027

 山裾の岩が波に洗われた様子をみて私は、縄文の風景ではないかとの想いを深くした。旧役場庁舎の跡は深い水を湛えて、太古の姿そのままであった。

 北上総合支所で勤務中に津波で亡くなられた皆さん。
 1.佐藤正悦さん(北上町大室) 2.小山茂彦さん(同 相川) 3.阿部清志さん(同 小指)
 4.及川和昭さん( 同 立神) 5.花山智隆さん(同 長尾)
 6.渋谷秀明さん(河北町) 7.大久保清也さん(同) 8.高橋洋さん(同) 9.末永俊治さん(同)
 10.末永良治さん(雄勝町)
 11.千葉輝子さん(北上町追波) 12.佐藤正子さん(同 追波)
 13.遠藤広美さん(同 小指) 14.小野寺正子さん(同 大須) 15.武山敦子さん(同 行人前)
 16.横江千尋さん(雄勝町) 17.安部安代さん(桃生町)

 この時期は確定申告最終日に近く、申告に訪れていた、私の友人の息子、佐藤健一郎さん(北上町大須)も被害に遭っている。同じく畜産農家の武山進さん(同 長尾)も同じ運命に。
 北上総合支所に付属して設置されている、石巻観光協会北上事務所勤務の千葉麻子さんとその二人の子供さんも犠牲になってしまった。私個人的にも大変お世話になった方で、心からご冥福をお祈り申し上げます。

(後記)北上町本地出身で河北総合支所勤務の 菅原秀幸さんは、津波の広報車を運転中に災害に遭ったと聞いたが、昨年 色々な場面でご一緒するようになったばかりで、本当に残念である。心からご冥福をお祈り致します。


東日本大震災にも耐えた釣石神社の釣石様

 このM9.0の東日本大地震で真っ先に心配されたのが、釣石神社のご神体、釣石様の様子であった。大丈夫だったという話は聞いてはいたが、この目で確かめない訳にはいかない。

 釣石神社の境内は景色が一変しており、一時は茫然とする。
 大鳥居は勿論、社務所、神輿堂など境内の一切が流亡してしまった。
Cimg0101


Cimg0106


Cimg0104


Cimg0107


先日、宮城TVの千田デレクターが取材に見えた際には、神社裏山の追波共同墓地側からご案内をしたが、その変わり果てた境内の様子には驚いていた。この落ちそうで落ちない釣石様が、絶対に落ちない世界一の釣石様として、地域復興のシンボルとしたいとお話をしたが、前途はかなりの困難が予想される。
 残念ながらその放映された番組は観ることができなかったが、後になってそちこちの知人からTVで観たという報告があった。昨年取材を受けた際にブログ発信の事も取り上げて頂き、恥ずかしながら、デスクトップに向かう姿も放映されたが、今回もその場面が流れたらしい。そのパソコン類一切もすべてが流失してしまった。

 今回の取材の際に、石段上から境内を望む。
Cimg0133


 この4月29日は釣石神社の春季例祭であるが、中止という決定がなされたという。
 この大震災がなければ、この7月には 夏越の祭りを計画して、大方の賛同を頂いていたところであったが、今年は不可能となってしまった。

東日本大震災津波襲来画像

 大震災(津波)以来、中断していましたブログをアップロード出来る環境が漸く整い、只今は避難中の追分温泉から、北上中学校体育館に移動してこの記事を書いています。
 先ず、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。又、震災によりお亡くなりになりました方々のご冥福を衷心よりお祈りを申し上げます。かく言う私も、妻と母を亡くしましたが、幸いにも早い時期に遺体確認もでき、無事、火葬も済ます事ができました。このブログをご覧いただいている皆様にも大変ご心配をお掛けししましたが、ご休心をお願い致します。
 さて、昨夜、私が避難中の追分温泉に、自然保護員でもある佐々木茂美さんが訪ねてきて、津波第一波の貴重な写真を提供して頂きましたので、UPしてみます。佐々木さんは月浜第一水門に付属する大沢川水門の操作員もなさっており、地震後駆け付けた際の記録写真です。

 国道893号に設けられた月浜第一水門(にっこりサンパーク前)を乗り越えて襲来する大津波の第一波。撮影記録時間は15時30分。佐々木茂美氏撮影。
(佐々木氏の撮影画像を取り込む事が出来ないので、パソコン画面を撮影したもので仮にUPします。通常は 縮専 というソフトで縮小するのであるが、5584×3456 6.69MB というサイズでは縮小に時間がかかり過ぎて困る)
Cimg0135


Cimg0136


Cimg0137


Cimg0138


Cimg0139


Cimg0140

Cimg0141


Cimg0142


Cimg0143


Cimg0144


Cimg0145


Cimg0146


(ブログ設定試行中のために、画像サイズ等に不揃いの点がありますが、いずれ修正したいと思いますが、了解願います)

2011年4月 2日 (土)

津波被害者名簿(石巻市北上町吉浜学区)

父が、臨時に開設された北上総合支所で聞いてきた吉浜小学校学区の津波被害者情報です。
かなり確実です。

追波地区
斎藤八重子
藤原強
藤原兵弥、江里子、真琴、健人、真
佐々木末雄、孝
藤原盛一
菊田忠道、まつを
千葉ゆり子、みさと
藤原あやえ
藤原みつ子
阿部直志
佐々木けい子
大槻和夫
佐々木武也、まれ子
千葉よしの、輝子
大槻京子
舘山清蔵、ふゆ子
阿部孝雄
舘山観寿郎、ふじ江
千葉健良
舘山清松、たけ子
佐藤兵太郎
佐藤源太郎、きね子、正子 
佐藤つるよ、保子
鈴木みさお(鈴木治氏夫人)
鈴木吉男、はる子
江田美千夫、哲子
鈴木すず子
舘田正昭、保子、加藤達也
 畠山倉雄、文子
佐藤あきよ

吉浜地区
奥山裕子60奥山利喜子71倫央2
新田清男55
新田貞子84
新田しげ子87
新田節子54
新田久男62
新田やす子86
今野正一78とみよ75
今野正美60
新田喜悦62
新田きみ83
舘崎武67
舘崎えみ子88
千葉こと子89
千葉しめよ86
千葉麻子30楓花6ひな3
千葉まき子70
千葉盛子75
今野まさすけ73
今野勝義の母89

月浜地区
千葉清富、美也子
千葉ひとみ
千葉智章
千葉正章
千葉あや子
吉川友一
岡かつ子、ひろみ、こころ いろは
奥田重勝、ちか子、りりか 佐々木憲幸、庄子、理香
佐々木剛志
佐々木とく子
千葉いよ子
佐々木成幸
千葉修一
千葉てる子
千葉庸夫
相沢良一郎、康子
斎藤さき子
佐藤征三
新田光之、友之
今野敏郎
今野鶴子
今野もとめ
佐々木茂典
及川えみ、あつき
奥田智史
坂井礼子
佐々木孝夫
佐々木邦夫
佐々木優美、慶太郎、徳也 佐藤芳美
千葉えみ子
舘山たか子
藤原茂
千葉昭子
森山コトミ
斎藤忠一
佐々木えい子

立神・長塩谷地区
佐々木ふくの
千葉はま子   
千葉哲夫
千葉志げ子
千葉ふみ子
千葉由理
武山武一
武山京子
武山三枝子
佐々木清嘉
千葉なみ
高橋りえ子
伊藤みさ子
千葉千秋
千葉なお
千葉真由美
千葉久子
及川徳男
高橋康男
高橋八千代
伊藤昭
千葉靖子
千葉ゆかり
高橋留男
高橋洋子
高橋勲
高橋きよ子
高橋こぎく

白浜地区
佐藤慶正
佐藤一栄
佐藤瑞記
武山義男
武山美千代
武山ちかこ
小笠原タマ子、悠紀子、
よしえ、一花
佐藤成子
佐藤穂高、杏慈
佐藤喜勝
佐藤はるの
佐藤孝一
佐藤茂
佐藤敬司
武山喜久男
武山とみ子
佐藤静子
武山綾男
佐々木よしみ
佐々木誠治
日野洋
白井章三、美津江、潤子

私の家族を含めてたくさんの方が亡くなりました。
みんな天国で一緒だといいなあ。
心からご冥福を祈ります。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »